亡くなられたご主人の、未支給年金を奥様が申請し、受給した事例

40代・男性(癌性髄膜炎)

●ご相談に来た時の状況

 原因不明のめまい、耳鳴、嘔吐が続き、近くのクリニックで受診したが、病気を特定することができなかった。症状が出て1年半経過したころに、受診した脳神経外科で検査したところ、「癌性髄膜炎」と診断される。すぐに入院し、手術を受ける。その後、仕事を続けながら治療を受けるも、症状が更に悪化して、やむを得ず会社を退社。入院するも、モルヒネ治療による幻覚症状がひどくなり、奥様が当センターにご相談に来られました。その後、間もなくして、ご主人がなくなられたため、当センターのすすめにより、奥様が未支給年金を申請することになりました。

●当センターによるサポート

ご主人を亡くし、小さな子供を抱えた奥様の不安を、少しでも和らげられるよう、認定日請求での未支給年金請求を、提案しました。憔悴しきった奥様が、住民票除票などの、申請追加書類を揃えて頂くのに、大変な思いをしないよう、連絡は電話で簡潔に分かりやすく済ませ、心労を少しでも減らせられるよう配慮し、速やかに申請することができました。

●結果

提出後5カ月で障害厚生年金3級が決定し,未支給年金143万円が支給されることになりました。