脳梗塞で障害厚生年金3級が認定された事例

50代・男性(脳梗塞)

●ご相談に来た時の状況

体に麻痺が生じたため救急搬送され、脳梗塞と診断されました。発症後、全く言葉が理解、発することができなくなり、失語症と診断される。週3回通院し投薬治療と言語聴覚士によるリハビリを開始。リハビリに専念するものの、回復が見込まれず、単語の呼称が出てこない、短い文章でも発話は難しい、単語が理解できない、短い文章でも理解が難しいなどの障害が残ってしまう。生活のため全く会話する必要がない倉庫内作業で就労。職場には多大な配慮を受けている状況。炊事、洗濯、掃除、買物など、手順などが難しく、全くできなくなってしまったので、同居のお母様の介助に頼っている状況でセンターにご相談にみえました。

●当センターによるサポート

H27.11認定日請求で音声又は言語機能の障害用診断書とともに請求提出しました。H28.2に至り、機構よりH24.4~10のカルテ提出の要請があったため、診断書作成病院に診療情報開示請求を行いカルテを送付しました。

●結果

認定日請求をして、障害厚生年金3級の認定を得ることができました。