反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級を受給した事例

40代・女性(反復性うつ病性障害)

●ご相談に来た時の状況

障害年金申請にあたって家族の協力が得られず、障害により無気力な状態が続き自身では申請をすることが出来ないとのことでした。また発達障害もあり複数障害についてどのように申請すればよいのか分からないとのことでした。

 

●当センターによるサポート

詳しくお話をお伺いしたところ、初めて受診してから約1年6ヶ月後であったため、速やかに認定日請求することとしました。医師へ診断書作成を依頼すると共に、生まれたときから現在に至るまでの日常生活状況について、本人に細かく聞き取りをしながら詳細な病歴就労状況等申立書を作成しました。

●結果

障害厚生年金2級の認定を得ることができました。

その他、うつ病・気分変性症の受給事例をみる