双極性障害で障害厚生年金3級を受給した事例

50代・男性(双極性障害)

●ご相談に来た時の状況

約10年以上に及ぶ病歴の間、何度も解雇を経験しており、現在も週に2日ほどしか働くことが出来ない状態であった。子供もまだお金がかかる時期であり、経済的にも困窮していた。

 

●当センターによるサポート

現在通院中の医師に診断書の作成を依頼しましたが、医師は「あなたは障害年金はもらえない」と主張し、頑として診断書を書くことを拒みました。ご本人も障害年金の請求を諦められず、また本件を通し医師に対する不信感を持ったため他院へ転院しました。転院した病院では医師とコミュニケーションをしっかりとることができ、診断書を快く書いていただけました。治療の面でも転院して正解だったようです。最後に本人から細かく聞き取りをし、労働の制限等を詳細に記載した病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

●結果

障害厚生年金3級の認定を得ることができました。

障害年金の申請において、医師の診断はとても重要な要素となります。こうしたことは、限られた時間の中で医師も診断しているので、仕方ないかと思います。こうした方へのサポートはまさに私たちの役目です。今後もこうした方のお役に立っていければと思います。